カジノの歴史

カジノの語源

カジノの語源はイタリア語で小さな家を意味するCASAからつけられました。
カジノとはcasinosがその小さな家を意味するCASAにinoの語尾がついたものなのです。

元々「王侯貴族所有していた者雇用や娯楽用の別荘」という意味で、まさしく小さな家という意味だったのです。
貴族たちは小さな家でゲームをしながら娯楽として楽しみました。

こうしたことが時代が移り変わると共に娯楽施設を備えた遊戯者用施設という意味合いになって行きました。
単なる「小さな家」という意味ではなく「遊ぶ場所」として言葉が変わっていったのです。

産業革命以降には一般大衆を向けの集会場がヨーロッパの各地に誕生し、それのこともカジノと呼ばれ、現代言っているカジノと同じような意味合いになりました。

ギャンブルが広まった理由

もっと初期の頃のギャンブルは特権階級のためだけのサロンという意味合いが一つと、ギャンブルが大好きな庶民かぐらいかの溜まり場といった意味の2種類に分かれます。

ギャンブルと規制弾圧は常に表裏一体のもので常に各国はいつの時代においても様々な規制を作って違反者を弾圧してきました。
フランス革命が起きた時は革命家たちがこうした規制を取り払いギャンブルOKの風潮を作り出します。

とはいえ次第にギャンブルを公認して帰省し、そして税金を取り立てるということを思いついたからなのです。

その後に権力のトップに立つことになったナポレオンは最初はギャンブルを禁止していました。
しかしながら税収が思ったように手に入らずに、次第に骨抜きの規制となっていき、温泉保養地だけはオッケーというふうに認めるようになっていきます。

規制法は現在もフランスで続いている

そしてこの規制法は現在もフランスで続いているのです。
やはり税金というのが影響してくることをってナポレオンも最初は禁止していてもそれで収入が増えるということに甘みを感じて現在も続く規制法を打ち立てたのです。

こうしたギャンブルの歴史上の常に大きなターニングポイントとなっていました。
様々な国の政府は次第にギャンブルに対して許す許可を出すような傾向があり様々な議論や紆余曲折はあったもののギャンブルが世界中に広まるきっかけとなったのです。

とはいえギャンブルする見方が変化したというよりも単なる財政的事情によるものなので最近も石原さんが都知事だった頃にギャンブルを攻略すると報道されて話題になりました。

世界中に点在するカジノ施設

賭博構造物やそれの場合の経済波及効果というのが常に目的として広まってきたということが言えるでしょう。
最近はアメリカ合衆国でネバタ州のラスベガスが有名ではあるものの、その他のレイク、タホ、リノなどといった場所も賭博が盛んになってきています。

ニュージャージー州のアトランティックシティなどといった他の州にも巨大な賭博ホテルが乱立することとなり、近年はインディアン遺留区でのカジノ認可が行われるなど全米で急速にカジノが広まっていることは間違いありません。

さらにカナダなどでも近年賭博がどんどん増えてきてケベック州のモントリオールやアルバータ州のエドモントンなどに賭博ホテルがたくさんあります。